安くで購入して

都市の風景

いつかはマイホームを購入したいけれど、予算的になかなか購入に踏み切れないという家庭も少なくないことでしょう。そうした家庭にお勧めなのが、中古物件の購入です。新築物件の場合、住宅会社側の利益が乗った価格設定がなされていることから、購入直後に2割から3割程度も資産価値が減少してしまうことが一般的です。しかし、中古物件の場合は、その時の市場価格で販売されていることが一般的です。そのため、購入時の手数料等を除けば、概ね市場価格で購入できます。中古物件を購入するためには、不動産会社に自分の希望する予算や地域を伝えて、物件探しを依頼する方法が一般的です。また、裁判所の競売物件に目をつけるという方法もあります。

中古物件は資産価値が落ちにくいことに加え、住宅ローンの滞納による任意売却といった理由などで売主側が売り急いでいるようなケースでは、市場価格よりも大幅に安い価格で購入できる可能性もあります。また、躯体さえしっかりしていれば、内装については自分たちでリフォームをすることによって納得のいく内装にすることができます。小さな子供がいる世帯では、子供をのびのび育てるために一軒家を望む世帯も少なくありません。中古の一戸建て住宅であれば無理のない予算で購入できる可能性が高まります。マイホームは購入して終わりというものではなく、そこで末永く暮らしていくことになります。無理のない予算で購入できれば、その分をレジャー費用などに回すことも出来るので、生活の質が高まることにもつながります。