不動産を売却する

商談する男女

ほとんどの人がマイホームを手に入れる目的はその後の生活を豊かにしたい、将来的に資産を残したいというものではないでしょうか。しかし住宅などの不動産を手に入れる場合に多くの人はローンを組んで購入します。建物だけでも購入価格に平均額は三千万円弱ととても高額な費用を支払っているのです。当然中にはローンの返済ができずせっかく手に入れた不動産を手放さなければならないケースもあります。支払いができないまま何も対処しなければ不動産は差し押さえされてしまいます。住む場所がなくなるだけでなく不動産の価値が正しく評価されずより多くの支払いが残ってしまうこともあるのです。そうならないためにもまず大切なことはローンを組むときに人生設計を細密に行いより負担のない返済計画を立てることです。

住宅ローンの支払いが滞った場合まずはローン会社から支払いの催促が来ます。それでもその催促に応じなかった場合には銀行は住宅ローン保証会社へローンの支払いを求めます。住宅ローン保証会社は銀行に一括返済し、その金額を不動産の持ち主に一括で請求します。持ち主は返済出来なければ保証会社は裁判所へ不動産の競売の手続きを申請します。こうなってしまうと持ち主の意思とは関係なく不動産は競売にかけられてしまいます。 このようになる前に持ち主が行うことができるのが任意売却です。任意売却とは文字通り不動産の所有者が自分の意志で売却することです。多くの場合任意売却と競売を比較した場合任意売却のほうがより多くの費用が返済に充てられるのです。とはいえ現在の不動産の評価額ではほとんどの場合返済費用より低い評価額となってしまいます。 任意売却を行うには銀行が債権者であるタイミングで銀行と話し合いって決めることができるのです。まず、支払いが困難になったタイミングで銀行と話し合い返済方法を変えたり任意売却の相談をするなどの対策が必要です。